大手のクレジットカードの審査は人気のか?

クレジットカード作ったらプラチナカードを目指そう

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金で支払う人もいると思いますが多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを作らないと利用ができません。

初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには商業施設で申し込む方法やスマホなどで手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

審査期間は即日というところが多いですが実際にカードが届くまでは2週間前後かかります。

ネットショッピングで便利なのでクレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてなにを選択したらいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されて作れるようになります。

自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

審査では年収とクレヒスが重要視されています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。

その中にはクレジットカード払いのみ可能などクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードの申し込みで審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報にキズがないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみなどクレジットカード支払いのみ対応などクレカが必要な時が増えてきました。

普段からクレカを利用している方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

クレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので一概に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに捉えられることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意などで公共料金の払い忘れることなどです。

クレジットカードの特徴は

ネットで買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは発行されません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜかというとカードの発行元からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

そのため、申し込みが入ると申込者の年収からいくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

特に若い人が見落としがちなのが携帯電話料金の未払いです。

1回だけなら大丈夫なことも多いですが複数回滞納すると落ちる可能性が高まります。

クレジットカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話連絡で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いとされるカード会社の特徴としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのが信用情報です。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

クレジットカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので審査に落ちてしまうと思い申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。

周りの人にできれば知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンを組むことやクレジットカードを作ることなどです。

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認があるのかを調べてみたところ、実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

スピード審査をウリにしているカード会社は低くなっていると考えられます。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができる便利なクレジットカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと公共料金やカードローンなどが期日までに返済されているかなどの情報です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことが重要です。

最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。