クレジットカードの審査は誰でも人気の?条件はある?

現金が無い時はクレジットカードで

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いのみなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを申し込んだ時に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているクレジットカードですが新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いしかできない場合もあります。

クレカを持っていないとイベント参加を諦めてしまうことになりますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

イオンカードやセゾンなどの消費者金融系のカード会社の場合、流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって心配なのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのが信用情報です。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレヒスは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

高い買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができるクレジットカードは便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行、利用できません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に口座にたまたま入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ネットで買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結果から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したはいいけど返済されないということは1番避けたいことです。

なので申し込み時に教えられた年収どの情報からいくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

ネットショッピングをするのにクレジットカード払いのみの場合があるなどクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済が滞ってしまった、公共料金の支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった支払い期日があるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に使った際に引き落とし日に申込者の口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

クレジットカードは正社員になってから

最近では、電子チケットの活用など様々な場面で使われるクレジットカードですが、申し込みをするのに申し込みに必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められることもあります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座振替依頼書を利用して口座を登録する場合は、審査に通らない可能性が出るので注意しましょう。

家事手伝いと専業主婦、働いていないのでクレカを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に通らないと考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというとどちらも収入はないのは同じですが、養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も問題ないだろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり利用しないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いそうです。

なるべくなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済の返し忘れが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

クレジットカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話で在籍確認が来るという人と来ないという人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に在籍連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話がかかってくる可能性が少ないと言われています。

買い物に行った時に便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

なので申し込み時に教えられた年収どの情報からいくらまで貸せるか、前に返済が止まっていたことがないかを確認しています。

若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

ローンなどのお金関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人などの若者をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。