クレジットカード審査難易度が高いステータスカードとは

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

クレジットカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も少なからずありそうです。

では、アルバイト待遇でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

就職をして社会人になった際になるべく早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いです。

大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用して正常に利用することでクレヒスが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレカの支払いだけでなく電気料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどの会社ですか?多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと現在思っている方は審査の難易度はどうなっているの?ということが一番知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

他のカード会社と同じく、審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など使う場面の増えてきたクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのかわからず審査に落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので未納などに気をつけましょう。

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

クレジットカードで払う方が多いのではないでしょうか。

大学生や新社会人の場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかる期間は即日というところも多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが社会人なりたての人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど影響力を持たないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

クレジットカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく連絡がくる可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申し込みに対して、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

最近、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いしかできないなどクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを作ろうとした際に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

クレヒスについては支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

大きい買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で便利になるクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

信用情報とは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ネットで買い物をするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったけど原因がわからないという話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、公共料金やローンの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを利用した後に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると判断されてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

職場の人にあまり知られたくないことといえばローンを組むことやクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、クレカが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

なので、絶対に連絡がこないカード会社はないと考えられます。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。

最近では、電子チケットの利用やネットショッピングなど様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みをするのに必要なもの・書類は何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められることもあります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。